文●山口ひろ美MacPeople編集部

 洋服を着替えるように、お気に入りのデジタルガジェットにはいろいろなケースやポーチ、バッグを用意したくなってしまうのがガジェット好きのサガというもの。iPad Airを差し置いて、全力で購入したiPad mini Retinaちゃん(関連記事)は、ウェブ閲覧や電子書籍に愛用中です。

 ストラップホールがぜひとも欲しい私は、タテヨコどちらにも立てることができるこんなケースを使っていますが、少々ごつくて重いのが難点。この際ストラップホールの条件には目をつぶり、もっと薄くて軽いケースが欲しくなってきました。

201400316yamag_MeshCase_01

 そんなときに見つけたのが、株式会社DAQの「IRUAL MESH SHELL CASE for iPad mini with Retina Display」。純正スマートカバーと同じ色合いのブルー/ピンク/イエロー/グリーン/ブラック/レッドのほかにクリアが用意されています。スマートカバーとぴったりフィットするということで、合わせて購入しました。

 グッドデザイン賞も受賞しているということで、パッケージからして洗練されていますね。iPad Air用もありますよ。

201400316yamag_MeshCase_02

 ただのメッシュデザインかと思いきや、アップルマークがある真ん中に向かって少しずつドットが大きくなっているのがわかるでしょうか? 素材感はマットで非常にすべすべしておりさわり心地がいいです。なめらかすぎると落下が心配ですが、無数に空いたメッシュの穴のおかげで適度な摩擦があります。

201400316yamag_MeshCase_03

 このように向こうを透かして見るとわかりやすいですね。

201400316yamag_MeshCase_04

 装着するとこんな感じ。右側面はボタン部分がよけられており、中央にはスマートカバーを着けたときに開けるためにすき間が空いています。

201400316yamag_MeshCase_05

201400316yamag_MeshCase_08

 左側面はスマートカバーを取り付けるために広範囲に空いています。ここの空きが大きいので、単体ではなく、ぜひともスマートカバーとセットで使いたいところ。

201400316yamag_MeshCase_06

 スマートカバーがはまる溝があります。

201400316yamag_MeshCase_09

 背面は、アップルマークの周囲がほんのり強調されて非常にいい感じ。ケースの中には、アップルマークの周囲をしっかりと抜いたものもありますが、個人的にはあまり好みではないのでこの程度がいいです。

201400316yamag_MeshCase_07

 スマートカバーと並べてみると、色合いのジャストフィット加減に驚かされます。素人でも、違う素材でここまでぴったり色を合わせることがどれだけ難しいかは想像できます。特にこの蛍光ピンクというかサーモンピンクというかトキ色といった感じのパステルピンクで! これを見せたくてピンクでおそろいにしたのですが、あえて別の色をえらんでツートンにするのも捨てがたいですね。黒メッシュのケース×パステルカラーのスマートカバーなんかも素敵なんじゃないでしょうか。

201400316yamag_MeshCase_10

 実際に装着してみると、接合部分に感心。先にスマートカバーを取り付け、端の部分をケースが包むようにはまる仕組みです。

201400316yamag_MeshCase_11

201400316yamag_MeshCase_12

 この仕組みのおかげで、スマートカバーをつかんで持ち上げてもOK。振ってもへっちゃら。これはうれしい。

201400316yamag_MeshCase_14

 MESH SHELL CASEとスマートカバーを両方着けてもこの通りかなりスリム。

201400316yamag_MeshCase_13

 スマートカバーと背面ケースをそろえたら、画面もそろえたいですよね。iPad mini Retinaに標準搭載されている動く壁紙の赤が、これまたジャストフィットです。

201400316yamag_MeshCase_15

 iPad Airタイプも観察してみました。ドットのサイズは同じで面積が広くなるため、メッシュが細かい印象になりますね。

201400316yamag_MeshCase_17

201400316yamag_MeshCase_18

 実物を持ってみて初めて気付いたことですが、たくさんのドットは軽量化にも一役買っていると思われます。持ったときに、見た目の印象より少し軽いんですね。デザイン性でしかないと思っていたドットにこんなメリットがあったとは恐れ入りました。


 さて、Macintosh生誕30周年を迎え、MacPeople4月号(2月28日発売)では懐かしのMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで、ノートタイプをがっつり紹介。そのほかに2014年知っておきたい最新テクノロジー解説や、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決など、250ページの大容量です。

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 

 MacPeople3月号(1月29日発売)では、初代Macから最新のMac Proまでデスクトップを網羅しています。3月号と4月号を揃えると完璧です。

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

Comments are closed.