ピクセラより発表され、現在予約受け付け中のiOSデバイス用テレビチューナー「PIX-DT350-PL1」。iPhone/iPadのLightningコネクターに直接接続し、iOSアプリ「モバイルTV」を起動すれば、すぐにテレビを見始められます。

 PIX-DT350-PL1_600x600a-300x300

 いちばんの特徴は、フルセグ対応にもかかわらず小型なサイズ。フルセグチューナーを動作させるため300mAhのバッテリーを内蔵しているので、一般的なワンセグチューナーに比べるとちょっとだけ大きめですが、約2時間の充電でフルセグは約4時間、ワンセグは約6.5時間連続再生可能です。

140313_fjmr_pixela_03

↑iPhoneに接続するとこんな感じ。本体サイズは約幅36.5×奥行き53.0×高さ15.4mm、重さは約30g。

140313_fjmr_pixela_02

↑本体には格納式のロッドアンテナが付いているほか、本体充電用のmicro USBポートと有線接続用のアンテナ端子が搭載されています。

  さっそく地デジ放送を視聴してみましょう。iPad Airに本体を接続し、iOSアプリ「モバイルTV」を起動します(アプリは発売と同時期に公開されます)。

140313_fjmr_pixela_05

 チャンネルは、視聴している地域に応じて自動的にスキャンされ、その中から視聴するテレビ局を選べます。ここでチェックを外しておくと、チャンネル切り換え時に表示されなくなります。

 140313_fjmr_pixela_06

 フルセグとワンセグは「自動切換」と「手動切換」から選べ、自動にしていれば、視聴場所に応じて自動的に切り替わります。フルセグのほうがもちろんきれいな映像を楽しめますが、バッテリーを長持ちさせたい場合はあえてフルセグにすることで消費を抑えられます。その場合は、「ワンセグ固定」を選びます。

140313_fjmr_pixela_07

 左上の文字の部分には、モザイクをかけていません。テキストの鮮明さを見れば、フルセグとワンセグの違いが一目瞭然です!

140313_fjmr_pixela_08

140313_fjmr_pixela_09

 チャンネルは左上のテレビ局名をタップして変更するほか、一度画面をタップして上下のメニューを表示した状態で左右にフリックすることでも変えられます。

140313_fjmr_pixela_10

140313_fjmr_pixela_11

 また、「ながら見」機能を搭載しており、縦画面にすると上半分でテレビ、下半分でウェブサイトを見られます。

140313_fjmr_pixela_12

 さらに右上にあるボタンをタップすると、現在見ているテレビ番組名でウェブ検索をしてくれるので便利です。

140313_fjmr_pixela_13

  現在、「PIX-DT350-PL1」は「PIXELA ONLINE Yahoo!店」(外部サイト)で予約受け付け中。価格は9703円。3月末以降、予約した順に出荷されます。

 持ち歩きの邪魔にならず、ネットワーク接続の手間もかからない、何とも手軽なテレビチューナー。これでフルセグも見られるなんて、いいところばかり。ぜひ、予約を検討してみてはいかがでしょうか?

  また、ピクセラのウェブサイトでは「高度800mでテレビは映るのか?」を検証した動画など、外でテレビを見る楽しみ方を提案するウェブサイト「オソト.TV – お外でテレビを楽しもう!」(外部サイト)を公開しています。ぜひ見てみてくださいね。

 

Comments are closed.