文●寺田祐子(MacPeople編集部

 こんにちは。空き時間さえあればアプリゲームをプレイする女子が、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの新作アプリゲーム『サモンズボード』を徹底プレイする本連載。今回は、8日からスタートしたイベント「超速進化・育成イベント リターンズ」(期間は16日23:59まで)に挑戦したので、早速レポートしていきたいと思います!

0016

 同イベントでは期間中、イベントダンジョン「ユートピア」が登場。経験値を大量にゲットできる「ロイヤルホーク」の出現率が大幅アップ。また、コイン宝箱出現数増やコインドロップ率5倍など、進化・育成に必要なコインを大量に獲得できるのも魅力です。無課金プレイヤーのため、こうしたイベントに参加することで少しでも有利に進めていきたいところです。

1231567_671022966297091_1259051114_n

 とはいえ、まだ始めたばかりで育てられる味方モンスターも少なく、進化用モンスターを揃えるのにも時間がかかりそう。そこで今回は、ロイヤルホークとコインの獲得を中心に進めていくことにしました。

 イベントダンジョン「ユートピア」は、「ホーク」「ハイホーク」「ロイヤルホーク」の3種類が出現します。一番下位の「ホーク」で経験値を1200もゲットできます!プレイ初期の段階では、ホークの確保だけでも大分有利に進められそうです。ちなみに、ロイヤルホークは経験値30000と下位のホーク25体分に相当します。

写真

 出現時間はユーザーIDによって異なるようですが、時間割を掲載している非公式ファンサイトなどでチェックするのもひとつの手かもしれません。ちなみに、ダンジョンの出現時間は1時間。スタミナは20必要です。現在の筆者のランクは15でスタミナも31と低く、1時間の間に2回の挑戦が限界です。

10013458_671023389630382_635282877_o

 準備としては、モンスターBOXで不要なモンスターを売却、もしくは育成し、ホークをできるだけ収容できるようにします。また、モンスターBOXを光結晶1個で拡張。レビューやログインボーナスなどで貯めた光結晶をここで使います。あとは、ひたすら「ユートピア」ダンジョンに挑戦します。イベントダンジョンがはじまったらすぐ挑戦すると、スタミナが足りなくなるので、イベントに挑戦できる時間分放置。スタミナが20たまったら再度挑戦しました。

  「ユートピア」ダンジョンでは、1回目の挑戦でホーク2体、ロイヤルホーク2体ゲットしました。その後もコンスタントにロイヤルホークが出現しました。個人的な感想としては、出現率はかなり高いと思われます。そして、さっそく育成。あっという間に手持ちのモンスターがレベルMAXになりました。ランクが低いので当然といえば当然ですが。

写真(1)

1980070_671023379630383_124646388_o

 続いて、コインも獲得していきます。ユートピアダンジョンが再度出現するまでに40以上回復するため、スタミナの消費が少ないイベントであれば参加可能です。コインの入った宝箱の出現確率が通常の5倍なのは、イベントダンジョン「ウルザル岬」とノーマルダンジョン「怪鳥の巣」のすべてのフロアですが、「ウルザル岬」は難易度普通でスタミナは20必要になります。一方、「怪鳥の巣」であればスタミナは7~9で挑戦できます。ここは、限られたスタミナで、できるだけ「ユートピア」ダンジョンに挑戦したいので、「ウルザル岬」は断念し、「怪鳥の巣」挑戦1本に絞ります。その結果、効率よく、大量にコインをゲットできました。

1921043_671023396297048_600194896_o

 なお、普段は曜日限定ダンジョンでしか出会うことができない激レア進化用モンスターも登場。「ライトリード」と「ダークリード」が「ウルザル岬」に、「グリンシュ」と「ダイオール」が「怪鳥の巣」に出現します。コインを大量ゲットできつつ、進化用モンスターまで手に入れることができるとは、「超速進化・育成イベント リターンズ」恐るべし!

1231567_671022969630424_1871376452_n

 今回はここまで。次回も期間限定イベントに挑戦していきたいと思います。なお、週刊アスキースタッフによるスマホゲーム投稿用アカウント「@ASCII_Game」でも、サモンズボードについてつぶやいておりますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

イベント情報

140220_sb

[table id=34 /]

001サモンズボード
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
無料
バージョン: 1.0.3
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

 


 Macintosh生誕30周年を迎え、MacPeopleでは歴代のMacを大紹介。懐かしのMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで、歴代ノートタイプはMacPeople4月号をどうぞ! 3月号と4月号を揃えると完璧です。

 そのほかに2014年知っておきたい最新テクノロジー解説や、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、引き続き250ページの大容量でお届けします。

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 3月号(1月29日発売)では、初代Macから最新のMac Proまで網羅しているわけですが、「ノートがないんですけど!」というご意見があったのも事実。実は4月号(2月28日発売予定)でがっつり紹介しているんです!

 

Comments are closed.