(文●ムラリン

 ハイリハイリフレハイリホー!

 どもども。週アス編集部・中堅パズドラーのムラリンです。今週はまたしても華龍! しかも青! つまり水! でも、内容的には前回の紅とほぼ同じ! なのでそんな感じでクリアーしよう! そんじゃガンバッて!

 というわけにもいかないので、もうちょっとだけ細かくやりますけども、まぁ、先ほどの書いた通り、ほぼ前回の紅の華龍と同じような方法でクリアーできますので、以下を参考にレッツ・チャレンジ!

 蒼の華龍・超級攻略法

000

 そんなわけでですね、今回もこんなパーティーで挑んでみたいと思います。

001

 またしてもゾンビパですね。緑オーディンに相方は覚醒アマテラス。アマテラスがいなければ覚醒メガネ・エンジェルでも、覚醒セイレーンでもOK。逆に緑おでんがいない、って方は、こちらをリーダーにして、緑おでんをフレンドに。

 その他のメンバーに関しては、ざっくりですが、割と木属性多めで。いると便利なのがクーフーリンエンシェントドラゴンナイト。この2体は、今回の主たる攻撃手段である木ドロップをつくる役ですね。攻撃態勢・木(回復ドロップを木ドロップに変換)とドロップ変化・木(火ドロップを木ドロップに変換)が使えます。

 もう1体のおススメは、ギガンテス。こちらは、攻撃態勢・火(回復ドロップを火に変換)するというスキルが使えますが、攻撃態勢・木をすでに使ってしまって使えないとき、いったん回復ドロップを火ドロップにし、その後ドロップ変化・木を使って木ドロップをつくれます。

 あと1体はまぁ、木属性ならなんでもよくて、なるべくなら攻撃力の高いメンバーを入れると吉。今回は、攻撃タイプでドロップリフレッシュ(すべてのドロップを入れ替える)が使える緑ゴブリンの最終進化系、重戦士・ホブゴブリンを入れてみました。

 さて、それではこのメンバーで、さっそく攻略にまいりましょう!

002

 例によって1〜4階が雑魚戦。雑魚は、水属性のキマイラとムギドラ、加えて木属性のオーガがメイン。また、レア枠でプチ・ローズ水の精・シャルルといった新モンスターが登場しますが、例によって出会えていないので割愛。どれも単体でなら怖くない相手です。最大ダメージは、オーガの気合溜め後の21906ダメージ。ですが、緑オーディンがちゃんと機能していれば、4000程度。くれぐれも、他のモンスターと同時に攻撃を受けないように、まずはターン数の被った敵をターゲットして、きっちり倒しましょう。

003

 5階で中ボス戦。水のディープキマイラと木のフラワーキマイラのセット。こちらはどちらも最大ダメージが、スキル連続攻撃を使ってきたときの4900ダメージ程度なので、HPが10000程度あるなら、特に注意する必要はありません。とりあえず倒しやすい水キマイラをターゲットしてとっとと倒します。

004

 残り1体になってしまえば、あとはたんたんと削っていくだけ。

006

 続いて6〜8階がまた雑魚戦で、9階で再度中ボス戦。

007
 後半の中ボスは、蒼天の果実・ベリードラゴン

 開幕、こちらのHPを全回復してくれますが、まぁ、それは自分でできるんで結構ですと断ってもOK。

 このドラゴンも火のときと同じく、毎ターン攻撃で、ブルーベリーシャワー(3236ダメージ+ランダムで1色を回復ドロップに変換)とフルーツバスケット(2744ダメージから、徐々にダメージが上がり、最大32360ダメージになる)の繰り返し。

008
009

 なので、変換などを使いながら基本的には木ドロップを主軸に攻撃して倒します。最大32360ダメージとはいえ、8割減のこのパーティーでは6472ダメージまで軽減できますので、特に心配するにはおよびません。

 そして10階でいよいよ最終戦。蒼の華龍・スターリング戦。スターリングというのは、バラの品種の1つだそうです。よく知りませんが。

010

 超級スターリングの基本スペックは以下の通り。

HP 1256667
毎ターン攻撃
スキル
フラワーテイル 3986ダメージ+ランダムで1色を回復ドロップに

011

ソーンウィップ 3189ダメージ+ランダムで1体を2ターンの間行動不能。

011-2

 前半はこの繰り返しですが、リーダー、フレンドが緑おでん、アマテラスで、双方とも覚醒スキルをMAXまであげてあれば、ソーンウィップでバインドされることはないので、安心ですが、万が一、覚醒してないとか、回復役がアマテラスでないとかいった場合には、バインドを食らっている間、回復ドロップでつなぐ必要があります。ここが唯一の注意点でしょうかね。

 後半に入ると、属性が水から木に変化し、それまで2倍で当たっていた木属性の攻撃が等倍になりますので、若干削るのに時間がかかります。また、HPが半分を切ってすぐに、ソーンケイジ 1993ダメージ+ランダムで4体を2〜4ターンの間バインド

012

 というスキルを使ってきます。ここでも、同様にリーダー、フレンドのどちらかがバインドされてしまった場合には、作ってくれた回復ドロップでつなぎます。

 また、回復役がアマテラスの場合には、ここで完治の光を使えば、すぐに全員のバインドを解除して、すぐに攻撃に移れます。

013
 さらに、後半になると使ってくるスキルが変わり、
・盤面に回復ドロップがない場合
ビューティフルローズ 4983ダメージ+ランダムで1色を回復ドロップに。

015

・盤面に回復ドロップが1個でもあると
ローゼスオーシャン 11958ダメージ+回復ドロップを水ドロップに変換。

015

 どちらにしろ、ダメージ8割減なら大したダメージにはなりませんので、ドロップ変換をどんどん使って倒しましょう。

016
017
018
019
020

 撃破!おつかれさまでした!

 てなわけで、同じような構成でも、体感的には紅のときより、今回のほうが楽に感じました。まぁ、どちらもやられる心配がないので、ハラハラしない、というより、楽に削れる、っといった印象だっただけですが。

 来週はたぶん新しくなったバットマンコラボに挑戦……かな?

 そんじゃまた来週!

 


 2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 Macintosh 30周年特集の第1弾は、3月号(1月29日発売)。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macを紹介していますので、ぜひセットでご購入ください。そのほか、超ド級スペックのMac Pro徹底解剖、iPhoneで操作できるデジタルガジェット大全、ブラウザーの超便利拡張機能などなど見逃せません!

Comments are closed.