文●寺田祐子(MacPeople編集部

 こんにちは。今週からガンホー・オンライン・エンターテイメントの新作アプリゲーム『サモンズボード』を徹底プレイしていきたいと思います。

 2月17日に待望のiOS版がリリースし、早くも話題の本作。2014年2月26日現在、ゲームカテゴリのトップ無料で1位にランクインしています(App Store調べ)。

301

 サモンズボードはボードゲームとRPGをミックスした新感覚のゲーム性が売り、なんですが、正直なところボードゲームは大の苦手です。個人的には、独身で金を使う暇もないメリットを生かし課金でゴリ押しといきたいところですが、とりあえず、ボードゲームが苦手な筆者がどこまで無課金で遊べるかチャレンジしてみたいと思います。あまりにも見かねて、救いの手をのばしてくれる読者の方、常時募集中です!

まずは設定とルールの把握

20140226_samonzubodo

 では、早速始めていきましょう。まずは、持ち手の設定をします。って、持ち手!? サモンズボードでは、操作する持ち手に合わせてメニューの位置を変更できます。なお、「その他」の「オプション」画面から持ち手の設定を随時変えることも可能です。パズドラではスマホ画面の縦持ちに対応し、直感的な操作性を追求するガンホーならではのこだわり、と言えるでしょう。

33

 続いて、3体の味方モンスターから1体を選びます。この辺はパズドラと同じですね。

20140226_samonzubodo

 まずは、ダンジョンに挑戦。最初はチュートリアルが出るのでその通りに進めればOKです。私がボードゲームが苦手な理由の一つは、チェスや将棋の駒が進める方向を覚えないといけないから。でも、サモンズボードは駒となる味方モンスターに矢印が常に表示されていますし、味方モンスターをタップすると移動可能な場所にマークが出ます。個人的にボードゲームは苦手な方ですが、自然とゲームのルールを覚えられました! 将棋というより、駒の進む向きを表示した初心者向けの「どうぶつしょうぎ」に近い印象です。

31

 4×4のマス上に配置された味方モンスターを矢印の方向に動かして攻撃!

29

 難なくクリア。攻撃の矢印が敵に向いていれば、2体以上の同時攻撃も可能です。

飽きさせない仕掛けも盛りだくさん!

 ゲームを飽きさせない仕組みも盛りだくさん。個人的に特に気に入ったのは「モンスター探索」です。味方モンスターを選び、時間を選択して探索ボタンを押すとコインや味方モンスターなどを勝手に拾ってきます。放置しておくだけで勝手にアイテムをゲットできるので、ゲームをしたくない日もついついアプリを開いてしまいそう。選択する味方モンスターや探索時間によって、探索回数や報酬が異なるようです。

20140226_samonzubodo

 ランキングバトル(略してランバト)とギルドのことも軽く触れておきましょう。全国のプレイヤーと対戦してBP(バトルポイント)をゲット。そのBPを他の冒険者とチームを結成して戦う「ギルド」で使うと、ギルドのチーム全員のモンスターが強化されます。また、ギルドランキングに上位に入るとレアモンスターなどの報酬を手にすることができるので、まずはギルドに加入しておいた方が何かと有利になるでしょう。

20140226_samonzubodo

 まだまだ、新要素はありますが今回はこれまで。次からはじっくりゲームをプレイしていきたいと思います!

イベント情報

140220_sb

[table id=34 /]

001サモンズボード
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
無料
バージョン: 1.0.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

 


 Macintosh生誕30周年を迎え、MacPeopleでは歴代のMacを大紹介。3月号(1月29日発売)では、初代Macから最新のMac Proまで網羅しているわけですが、「ノートがないんですけど!」というご意見があったのも事実。実は4月号(2月28日発売予定)でがっつり紹介しているんです!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 懐かしのMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで、歴代ノートタイプはMacPeople4月号をどうぞ! 3月号と4月号を揃えると完璧です。

 そのほかに2014年知っておきたい最新テクノロジー解説や、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、引き続き250ページの大容量でお届けします。

 

Comments are closed.