(文●諸富大輔MacPeople編集部

 最近では手帳や時計、カメラなどさまざまなツールががスマホ1台で事足りるようになりました。とはいえ、財布やカギ、名刺入れなど、他にも持ち歩かねばならないものは多々あります。また、屋内でもリモコンや小型ガジェットなど、うっかり見失ってしまうものも多いですよね。

 『Stick N Find』は、そんな紛失しがちな小物に貼り付けて、そのアイテムの現在位置を示してくれるツールです。「ドラゴンボール」にたとえるなら、Stick N Find本体(ステッカー)がドラゴンボール、専用のiOSアプリがドラゴンレーダーになるというわけです(ってわかりにくいかな?)。

01

 パッケージはこんな感じ。円盤状の2枚がStick N Findの本体で、卵形の板は本体を貼り付けてストラップを付けられるようにするものです。

02

 ステッカーを取り出したところ。Bluetooth Low Energyのチップとボタン電池を内蔵しています。直径は500円玉よりひと回り小さく、厚みは2倍ほどあります。裏側は両面テープになっており、なくしたら困るものに貼り付けられます。

02

03

 卵形の板に貼り付ければ、こんな風にストラップに装着できます。ステッカーをカギなどに付けたい場合に使うといいですね。

04

 これが同名の専用アプリ。無料なのでサクッとダウンロードしましょう。

06

 アプリを起動すると上のような画面が表示されます。初回は、いちばん下にある「新規ステッカーをペアリング」をタップしましょう。あとは、画面の指示に従って2枚のステッカーをアプリとひも付けます。

07

 設定が済んだら、画面下の「レーダー」タブをタップしてレーダーを表示しましょう。2枚のステッカーの位置が把握できまるはずです。

08

 「Alerts」タブでは、ステッカーが検知のエリア(半径45メートル)外に出た時にアラームを鳴らす設定が可能です。また「Enable Find It」をオンにすると、その場でステッカーからアラームを発信できます。近くにあるはずなのに見つからない、といった時につかうといいでしょう。

10

 また、ユーザーアカウントを登録してサインインすると、「Maps」タブが使えます。これは、ステッカーを付けたアイテムが検知エリアの圏外に出た際、最後に検知したポイントを地図で示してくれる機能です。これで、紛失した場所や時間をかなり絞り込むことができます。

 そんなわけで、すぐものをなくしてしまううっかりさんにピッタリのガジェットと言えます。

アスキーストアならクーポンコードで500円引き!
494683
(使用期限は3月31日午前10時まで)
クーポンの使い方はコチラ

アスキーストアで購入する


 Macintosh生誕30周年を迎え、MacPeopleでは歴代のMacを大紹介。3月号(1月29日発売)では、初代Macから最新のMac Proまで網羅しているわけですが、「ノートがないんですけど!」というご意見があったのも事実。実は4月号(2月28日発売予定)でがっつり紹介しているんです!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 懐かしのMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで、歴代ノートタイプはMacPeople4月号をどうぞ! 3月号と4月号を揃えると完璧です。

 そのほかに2014年知っておきたい最新テクノロジー解説や、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、引き続き250ページの大容量でお届けします。

Tagged with:
 

Comments are closed.