(文●ムラリン

 はいはいー。どうもどうも。週アス編集部・中堅パズドラーのムラリンです。

 えー、今回はですね、太鼓の達人コラボの攻略でございます。例によってもういっぽうの黒の海賊龍も今週で終了ですが、あちらの攻略はやってできないことはないのですけども、どちらかというとこちらのダンジョンを攻略したほうが有益であろうということで、こちらを優先させていただきました。どーしても、黒の海賊龍も攻略したいんじゃー! という方向けに、本コラムの最後に、参考情報をこっそり載せておきますので、そちらを参考にしてみてくださいな!

 さて、それでは今回の攻略にまいりましょう。

「太鼓の達人コラボ」ドン!むずかしい・攻略法

000

 はい。というわけでこちらのダンジョンですが、ドン!むずかしい級は、その昔は結構むずかしかったんですね。実は私も以前にこのコラボが開催された当時は、ドン!おに級をクリアーできていなかったことが今回判明しまして愕然とするやら魔法石1個得した気分になるやら複雑でした。

 しかーし! 強力なモンスターが数多く追加された現在のパズドラ界では、ドン!むずかしい級程度は、ドン!そこそこ級くらいに格下げであります。
 で、今回こちらのダンジョンを攻略するのはこちらのチーム。

001

 「なんだよまたかよー」とか言わないで。いいじゃん、同じチームで攻略できるならいちいち育てなくても済むんだからさー。
 ね。そんなわけで、今回はいちいちメンバー紹介しませんが、闇パーティーのHPと攻撃2倍、回復4倍のチームです。

 唯一いつもと違うのは、毒持ちの常夜の魔女・リリスと闇属性の機械龍殲滅機龍・ハダルを加えてあることくらいですが、リリスはともかく、ハダルは人数合わせのようなものなので、これは別にハダルでなくてもOK。攻撃力の高い闇属性のメンバーを加えておきましょう。

 では、こちらのメンバーで早速攻略へGO!

 このダンジョンは全10フロアーですが、中ボスのような存在は特になく、1〜9階までが雑魚戦、10階がボス戦という構成。
 とはいえ、この雑魚戦も少々注意事項がありまして、それぞれの敵に倒す順番があります。
 このダンジョンに登場する雑魚モンスターは全部で6種。そのうち、優先的に倒さなければならないのは、以下の3体。

ベビーマッチプラス
 ドン!むずかしい級のベビーマッチプラスは、HPが1525と低めで防御力も0なので、倒すのは簡単なのですが、通常攻撃が毎ターン10004ダメージと高ダメージな上、スキルのひのたまぼーるを使われると15008ダメージ。1体だけなら、真っ先にターゲットして倒してしまいましょう。

音符のしにがみプラス
 こいつはHP12の防御力120000と高防御・低HPの敵。攻撃ターンも6ターンと長いのですが、通常攻撃が12607ダメージとそこそこ高い上に、自分のHPが7以下のときに攻撃ターンが回ってくると、499236ダメージのあくまの旋律という無慈悲な攻撃をしかけてくるので、倒すのなら早めに。攻撃ターンが近いのであれば、中途半端に手を出さず、1度攻撃を受けて、次の攻撃ターンまでの間に倒しましょう。

どんちゃん
 どんちゃんは、希に登場するレアキャラですが、防御力が60000と高い上に、HPは22473とこちらもそこそこ高く、そのうえ2ターンに1度の攻撃で9394ダメージとそこそこ高ダメージ。幸い光属性なので、今回のチームなら、コンボを重ねればさっくり倒せてしまうこともあるので、闇ドロップが豊富にある状態なら先に。そうでない場合には、ほかの敵をとっとと片付けて、あとでじっくり倒すというのも手です。

 そのほか登場するアクマーメイドごぶがりゴブリンプラス、もうひとつのレア枠メカドンに関しては、それほど慌てて倒さなくてもOKです。

 というわけで、パターン別にいくつか手順を紹介。

003

 この場合はおんぷの死神プラスをターゲットして、5ターン以内に倒します。

004

 おんぷとマッチがかぶったら、まずマッチを優先。続いておんぷを。

005

 残り3種がこのようなパターンで出た場合は、まずメカドンを。メカドンも高防御・低HPの敵なので、今回のチームでは、闇ドロップを2ターン続けて消せば倒せます。

006

 マッチ複数体が一度に登場したら、闇の全体攻撃で。ここで攻撃態勢・闇ドロップ変化・闇を使ってもOK。

007

 おんぷの死神が複数体の場合は、毒が貯まっていれば毒で倒してしまいます。毒がなければ、ターン数の長い方を先にターゲットし、ターン数の短い方の攻撃は1度受けてしまうのも手です。

 はい。そんなわけで、雑魚戦が終わったら、いよいよボスの勇者どんちゃんプラス戦。

008

 勇者どんちゃんプラスの基本スペックは以下のとおり。

HP 1730367 2ターン攻撃
通常攻撃 6263ダメージ

スキル:

009
すけすけオプション
999ターンの間、状態異常無効。最初の行動で必ず使用。
しゃかりきサンダー
999ターンの間、攻撃力2倍。割と早めに使ってきます。

010
はっちゃけファイヤー
 15660ダメージの連続攻撃(しゃかりきサンダー後の数値)。HP45%以下で使用。

 というわけで、光属性であることもあり、闇攻撃のコンボを重ねていけば、序盤は割と楽に進んでいけます。問題はHPが45%を切ってからのはっちゃけファイヤー。HPを2倍にした今回のチームでは、たとえ15660のダメージを受けてもやられることはありませんが、そのまま続けていると、そのうち回復が追いつかなくなり、ジリ貧になってしまいますので、はっちゃけファイヤーを使って来たら、敵のHPは45%以下。ここでいっきに勝負をかけてたたんでしまいましょう。

 まずは明けの明星をドカンと落とします。

011

 1730367の45%は778665。光属性へ600000ダメージの明星を当てても、まだ178665ほどHPが残ります。

012

 続けてハダルのグラビティカノン。光属性相手だと60000ダメージ。

013

 残り118665! ここから闇ドロップをつくってコンボ! 防御態勢・闇で光ドロップを回復に。続いて攻撃態勢・闇で回復ドロップを闇に。そしてできるだけコンボを重ねて……

014
015
016
017

 撃破!おつかれさまでした!

 まぁ、おつかれさまといいますか、今回はそれほど苦労せずに倒せるのではないかと思います。

 さて、それではここで黒の海賊龍・超級攻略のヒントを。

 今回はこんなパーティーだといけそうです。

018

 なんだそりゃwという感じでしょうが、これはこちらのまぁぼのパズドラ研究所(外部リンク)というサイトで紹介されていたもので、要は先日まで開催されていたHUNTERコラボのボスメルエムをリーダーにし、闇と光属性のHPと攻撃を2倍にするリーダースキルを利用して、フレンドにはアテナの神タイプの攻撃3倍というリーダースキルと合わせ、光タイプの攻撃6倍、HP2倍というチームを構成した例です。まぁぼさんのサイトでは、チームメンバーは、ヴァーチェを除けば、メイメイの代わりに同じスキルを持つウィンドチェイサーが、トールの代わりに、やはり同じスキルを持つCoC・レイジーバーバリアンを使っていて、サクヤの代わりは究極進化して神タイプが付与された天上界の使徒・エンジェルがメンバーに加わっていました。

 私はこれらのメンバーは、自分の神モンスターのスキル上げのために合成してしまったので、まるっきり同じメンバーでチームを組むことができなかったのですが、黒の海賊龍の攻略は、最後のボス、ティーチのカウントダウンが終わる前に大ダメージを与えて倒しきる、というのが命題なので、ボス戦前までにすべてのスキルを貯め(実はここが一番難しかったりしますが)、メイメイ(またはウィンドチェイサー)の北方七星陣ですべてのドロップを光・闇・木ドロップに変え、ヴァーチェのドロップ変化・光で闇ドロップを光ドロップに、アテナのアイギスの煌きで光と木ドロップを強化、トール(またはバーバリアン)のサンダーエンハンスで光属性の攻撃力を1.5倍にあげていっきに大ダメージを与える、という戦略。ただし、これだけやっても、まぁぼさんのサイトでは、フレンドのアテナが+297必要かもと書かれていたので、まったく+を振っていないアテナだときびしいかもしれません。
 ただし、まぁぼさんのチームでは、アテナの攻撃力3倍の恩恵を受けられるのがメルエム、ヴァーチェ、エンジェル、アテナの4体なので、ウィンドチェイサーかバーバリアンを、メイメイかトールに変えられれば、すんなり倒せそうな気もします。もしくは、万が一削り切れなかった場合の保険に、ティーチが属性変化し、水属性になった際に対応できる、木属性の神タイプ(緑オーディンなどがいいかも)を、エンジェルの枠に加えるというのもありかもしれません。

 どちらにしろ、このまぁぼさんのサイトで紹介されている攻略法は、私がふだんここでご紹介している中級者向けの攻略と趣旨を同じくするものなので、ここをご覧になっているみなさんにはかなり有益だと思いますので、ぜひご覧になってみてくださいな。

 そんじゃまた来週!

Comments are closed.