(文●外村克也/タトラエディット

20131227ota_arturia000

Arturia iSEM
App Store価格:1000円
Arturia
(価格は記事作成時のものです)

 

 

iphonepeople_dlbtn

 

 アナログシンセ界の巨匠、トム・オーバーハイム氏が自ら復刻させたというハードウェアシンセ「SEM」。図太い音が魅力の音源なのだが、これをiPad上に再現したのが本アプリだ。パネルレイアウトは、実機をもとにiPadの画面レイアウトに合わせたもの。ソフトウェアという特性に合わせてポリフォニック音源としての利用も可能。AppleのCore MIDIに対応しているだけでなく、iOS7から採用されたInter-App AudioやAudioBusといった音楽制作用の規格に多数対応しているので、楽曲作りに役立つ強力なアプリとなるはずだ。

20131227ota_arturia001

 iSEMの基本画面。オーバーハイムSEMに近いレイアウトで表示される。一般的なアナログモデリングシンセをかじった程度でも、音作りを楽しめる。画面下部の鍵盤で演奏しながら音作りしてみよう。

20131227ota_arturia002

 8ボイスプログラマーモジュール。8音までのボイスに、各々異なる設定を行い演奏の幅を広げることが可能。

20131227ota_arturia003

 オーバードライブ、コーラス、ディレイの3種類のエフェクトを加えることもできる。

20131227ota_arturia004

 図の画面で、アルペジエーターや音色の細かい編集が可能。アルペジオは、アップ/ダウンなどのほか、ランダムも可能。ライブ演奏などでのアシスト機能としても役立つ。

iphonepeople_dlbtn

 

Tagged with:
 

Comments are closed.