(文●ムラリン

 んちゃ!週アス編集部・中堅パズドラーのムラリンです。

 さてさて今回はまたしても海賊龍ダンジョンの攻略です。今回のボスはキャプテン・キッド。キャプテン・キッドという名前は、割と海賊を語る際には頻出しますが、実際に彼がどんな人物だったのかはあまり知られていません。というのも、キャプテン・キッドは、彼をモデルにしたフィクションが数多くあるからなんですね。で、このキャプテン・キッドのフィクションや伝説の中で、もっとも有名なのが、彼が捕えられて処刑台に上った際、「俺はある場所に自分の財宝を隠している!」と叫んだという話。処刑人は彼の言葉を無視して刑を執行したため、その後、“キッドの隠し財宝”という伝説を生み、今でもその財宝を探している人がいるんだとか。なんともロマンのある話ですな。

 さて、そんなわけで今回はこのキャプテン・キッドに挑むわけですが、正直申し上げまして、この海賊龍シリーズは、どうにも中級者に優しくないダンジョンばかりで閉口します。とはいえ、今回の“碧の海賊龍”は、中でも優しいほうかと思います。がんばって攻略してみてください。

『碧の海賊龍』超級・攻略

000

 それでは、今回のメンバーを発表して参りたいと思います。

001

 まず、リーダーとフレンドにはこちら!

角砦龍・フォートトイプス
リーダースキル:木と水属性のダメージを半減する
スキル:水ドロップを回復ドロップにする

 リーダー、フレンドともにフォートトイプスで、木と水のW半減(ダメージ4分の1)のパーティーで挑みます。

 そしてそのほかのメンバーはこちら。

エンシェントドラゴンナイト・セロ
火ドロップを木ドロップに変換
大花龍・ガイアブラキオス
自分の攻撃力の20倍の木属性攻撃
扇風機龍・カノープス
木属性の超絶ダメージ(30000ダメージ)
超・下仁田ネギ
しばらくの間、受けるダメージを半減する

 はい。というわけで、今回は木と水の攻撃を4分の1にする木属性パーティーということになります。

 このパーティーの要は2つ。ひとつは言わずもがな、リーダーとフレンドのフォートトイプスで、このダンジョンには木属性と水属性の敵しか登場しません。かつ、最後のボスである碧の海賊龍・キャプテンキッドは、前半は木属性、HPが半分を切ると水属性に変化します。というわけで、この両方をW半減することで、ダメージを大幅に減らすことができます。

 もうひとつは、メンバーの中に入れたぐんまの野望コラボ・モンスターの超・下仁田ネギ。下仁田ネギは、800という高回復力を誇り、そのスキルはしばらくの間(5ターン)ダメージを半減する鉄壁の構え。このダンジョンでは、ダメージを減らすことも重要ですが、それ以上に回復力の高さも重要になりますので、その役目を担うネギの存在はかなり大きいです。もし、超・下仁田ネギを持っていない! という人は、同じく鉄壁の構えのスキルを持つスサノオノミコトでもいいですし、最悪、おなじみの虹の番人を加えても構いませんが、その場合、総HPは上がるでしょうが、総回復力が下がるので、HP管理が今回のパーティーよりはHP管理に注意を払う必要があります。

 残りのメンバーは、基本、木属性でいいと思いますが、これは、ボスの攻撃が激しくなる後半が水属性なので、このときに大きく畳み掛けることができるようにという配慮からです。もちろん、この代わりにギガグラビティを持つメンバーを加えたり、黎明の熾天使・ルシファーシンジ&カオル&13号機など、一発で大きく敵のHPを減らせるスキルを持つメンバーに入れ替えても構いません。

 さて、そんなわけで、このメンバーでの攻略を見ていくことにしましょう。

002

 例によって海賊龍ダンジョンは全5フロアーで、1〜4階までが雑魚戦です。

003
 雑魚戦に登場するのは木と水のパイレーツ、木のデビルとデーモン、水のゴブリン。この中では、もちろん水属性の敵が与しやすいので、先にターゲットして倒してしまいましょう。

004
 いくらW半減とはいえ、多数の敵に同時攻撃されるのはあまり得策とは言えませんので、できるだけ敵の数を減らしていくようにし、1体を残すなどして、できればドラゴンのブレス系スキルを貯めましょう。

005

 ブレスが貯まっていれば、雑魚戦でも使用し、全体のHPを削って、1体ずつ片付けます。雑魚戦は、特に注意することはありませんが、希にウィンドチェイサーというレアモンスターが登場することがあります。

007

 超級のウィンドチェイサーは、HP651150で、毎ターン攻撃ですが、ダメージはW半減なら問題にならない程度。多少HPを減らされても、気が向いたらHPを回復するくらいで十分に対応できます。また、防御力がそこそこ高いですが、

008
 ランダムで1色を木ドロップに変換するエアスラッシュというスキルを頻繁に使ってくるので、こちらの攻撃手段が常時供給されるので、これをできるだけコンボでつなげて消すだけ、HPを削っていけます。
 もうひとつの

009
ウィンドエッジというダメージスキルも、特に心配するほどのダメージにはなりません。
また、HPが75%を切ったあたりから、

011

 チェイスモードという、5ターンの間攻撃力が2倍になるスキルを使ってきますが、それでもまだ余裕があります。
 そして、HPが30%を切ったあたりから、

012
 エアロストリームという、ウィンドエッジの大ダメージ版を毎ターン使ってくるようになります。こうなると、毎ターン木ドロップが供給されるようになるので、もう攻略は時間の問題ですね(笑)。

 さて、いよいよ5階のボス、碧の海賊龍・キャプテンキッド戦です。ここから超時間がかかるので覚悟してください(笑)。

013

 キッド戦は、前半は相手が木属性なので、こちらの攻撃は当然等倍攻撃になります。
 キャプテンキッドの基本スペックは以下の通り。

HP1428010
毎ターン攻撃
防御力3220

スキル

014

パイレーツフォッグ
10ターンの間状態異常無効。先制で使用し、以降10ターンごとに使用。

015
アイアンバケット
現在HPの99%ダメージ

016
バッドスラッシュ

 ランダムで1色をお邪魔ドロップに変換し、5292ダメージ(W半減時:1323ダメージ)

 前半はアイアンバケットとバッドスラッシュの繰り返しで、10ターンごとにパイレーツフォッグを挟んで小休止、という感じです。
 W半減は、割合ダメージにも効きますので、アイアンバケットの99%ダメージが、その4分の1の24.7%のダメージに、次にバッドスラッシュの1323ダメージという繰り返しになります。

 そして、相手の防御力3220ダメージを上回る攻撃を与えなければダメージはすべて1になってしまいますので、こちらの等倍攻撃で削るのはかなりきびしい、というわけで、主なダメージソースはドラゴンたちのブレスになります。

017

 というわけで、ここでの立ち回りは以下のような感じ。

  1. アイアンバケットで現HPのおよそ25%のダメージ。
  2. 回復ドロップを消しつつ、その他のドロップもできるだけ消す
  3. バッドスラッシュで1323ダメージ。
  4. 次の割合ダメージでは絶対やられることはないので、ここではお邪魔ドロップを中心に消しつつ、ハートドロップを確保。
  5. ドラゴンのブレス、エンシェントのドロップ変化・木などを使いつつ、敵のHPを削る。

 以下繰り返し。

 もし、バッドスラッシュでハートドロップを変換されてしまったら、次のターンでできるだけドロップを消し、それでもハードドロップが落ちてこなければ、フォートトイプスのスキルを使ってハートドロップを作り、回復します。

 とまぁ、書くのは簡単ですが、最初はなかなかHPを減らせず、かなり絶望するかと思います(笑)。とはいえ、こちらがやられる心配も少ないので、なんとかがんばってください。
 そして、HPが半分を過ぎると…

019

 ここからは、敵の属性が水に変化! こちらの攻撃も2倍で当たるので、少し削るのが楽になります。HPが50%切ってすぐあたりは、まだスキルを多用しても大丈夫ですが、HP40%を切ったあたりからは、スキルを温存しましょう。
 そして、HPが30%を切ると

022

 アドベンチャー・ギャリ—という12702ダメージ(W半減時:3176ダメージ)の攻撃を、毎ターンしてくるようになります。

 ここからが正念場です。ここでスキルを一気に解放! してもたぶん倒しきれませんので、またしても回復しつつドンドン木属性の攻撃を当てていきますが、W半減していても、毎ターンHPの半分くらいは削られますので、ここで超・下仁田ネギが生きてきます。高回復力により、ハートドロップでの回復が大きくなり、そのスキル鉄壁の構えで、W半減のさらに半減、トリプル半減で、ダメージを1588ダメージにまで抑え込むことができます。

023

 鉄壁が切れたら、今度はフォートトイプスの防御態勢・木で回復ドロップを作りつつ回復をつなぎ……

024
025

 撃破!おつかれさまでした!

 いやー、今回もかなりスリリングな展開でしたが、W半減と、鉄壁の構えか防御の構え持ちを加えておけば、あとは適宜、もう少し気の利いたメンバーに変えて挑戦してみてもいいかもしれません。

 そんなわけで、このシブーイおっさん、キャプテンキッドに、ぜひ挑戦してみてくださいな!

 そんじゃまた来週!

Tagged with:
 

Comments are closed.