iPhoneの標準機能でもある「マナーモード」と「おやすみモード」、みなさんはうまく使い分けられているでしょうか。「マナーモード」は着信音を停止、またはバイブにする機能です。iPhoneでは本体側面のボタンを上下にスライドさせるだけで、機能のオン/オフを切り替えられます。

 一方、「おやすみモード」は、指定した時間帯に電話の着信やFacebook/Twitterなどの更新を通知させないようにする機能。このとき、指定した相手の着信のみ知らせるようにするといった設定も可能です。就寝中や映画の鑑賞時、勉強に集中したいときなどに役立つモードです。

マナーモード・おやすみモードの特徴

iPhonePLUS_マナー/おやすみモード_01_表

上記のほか、おやすみモードでは機能を有効にした場合に、アプリからの通知をロック時のみ、または常時なしにするかを選ぶことも可能です

 マナーモードは「設定」アプリの「サウンド」で詳細を見られます。マナーモード時にバイブを有効/無効にするかどうかといった設定のほか、バイブのパターンを指定することも可能です。ちなみに、設定画面下部の「ロック時の音」や「キーボードのクリック」をオフにすると、通常時でも各効果音が鳴らなくなります。

バイブレーションの有無を決める

iPhonePLUS_マナー/おやすみモード_02

通常時(マナーモードがオフの状態)でバイブを無効にする場合は、「バイブレーション」欄の「着信音あり」をオフに。マナーモード時にバイブを無効にしたいときは「着信音なし」をオフにしましょう

 おやすみモードは「設定」アプリの「おやすみモード」に設定項目が集約しています。指定した時間のほか、いますぐおやすみモードを有効にすることも可能です。

 

着信を許可する相手を決める

「時間を指定」をタップすると、おやすみモードの開始/終了時刻を任意に指定できます。また「着信を許可」では、着信時に通知させる相手を「電話」アプリで設定しているグループ単位で選べます

「時間を指定」をタップすると、おやすみモードの開始/終了時刻を任意に指定できます。また「着信を許可」では、着信時に通知させる相手を「電話」アプリで設定しているグループ単位で選べます

 

 さらにiPhoneを使いこなしたい人におすすめしたい一冊が「iPhone 5s/5c 完全活用術」。docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の3キャリア別に用意していますので、自分のiPhoneに合わせて選んでください。巻末には『すぐにできる! 設定変更ガイド』を掲載。初心者が迷いがちな設定項目が、すべてまとめてわかります!!

iPhone 5s/5c 完全活用術 docomo版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 au版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 SoftBank版(Amazon)

 

Tagged with:
 

Comments are closed.