iPhoneにはあらかじめ、電話やメール、カレンダー、カメラといった主要機能がひと通り備わっています。CDやiTunes Storeから取り込んだ楽曲を聴ける音楽プレーヤーや、iPhone同士でビデオ通話ができる「FaceTime」など独自の機能にも注目です。これらの機能は「アプリ」と呼ばれるもので実現しています。

 iPhoneでは「App Store」という専用のマーケットからアプリを購入します。「App Store」の魅力は、同一のアカウントであれば別の端末からも無料でダウンロードできること。さらに、購入したアプリをデバイス内から消してしまっても、再度無料でダウンロードできます。

 また、アプリによっては無料/有料版が用意されているものもあります。課金に迷ったら無料版を使ってみて、気に入った場合は有料版を購入するといったやり方がおすすめです。

01

 多様なアプリが揃う「App Store」

 「App Store」で購入したアプリは、iPhoneのホーム画面にダウンロードされます。iPhoneを使っていて足りない機能があった場合は、「App Store」で該当するタイトルがないか検索してみましょう

 さらにiPhoneを使いこなしたい人におすすめしたい一冊が「iPhone 5s/5c 完全活用術」。docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の3キャリア別に用意していますので、自分のiPhoneに合わせて選んでください。巻末には『すぐにできる! 設定変更ガイド』を掲載。初心者が迷いがちな設定項目が、すべてまとめてわかります!!

iPhone 5s/5c 完全活用術 docomo版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 au版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 SoftBank版(Amazon)

Tagged with:
 

Comments are closed.