(文:千木良敦子)

日本気象協会によるお天気アプリ。

まずは、アプリを立ち上げて現在地を設定しましょう。あとは画面を空に向けると、現在地の周囲5kmの降雨情報をカメラの画像とともに表示してくれます。 画面を下に向けるとレーダー画面となり、雨が降っていればその雨量が表示され、降っていないときは近い雨雲までの距離と方向を表示してくれます。 「広域へ」→「再生」ボタンをタップすると1時間先までの雨雲の移動予測が確認できるのも便利です。 雨が降りそうな時にさっとチェックしたいお役立ちアプリです。

 

アプリを立ち上げると位置情報利用の許可を確認する画面に。「OK」をタップすると最新型のXバンドMPレーダを利用したサービスを利用できます iPhoneを上に向けると雨雲までの距離や雨量がわかります。室内にいても利用できるので、外出前に360度カメラを動かしてチェックすることも可能です 画面を下に向けると現在地を中心とした半径5kmの周囲を測定するレーダー画面が登場。本格的なレーダー画面に心躍る人も多いのでは。雨が降っていると画面左上に雨雲までの距離が表示されます 「広域へ」をタップすると現在地を中心とした広い範囲の地図が表示されます。「再生」ボタンをタップすると1時間後までの雨雲の移動予測を5分刻みで確認できます

Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ- 1.0.2 無料 販売業者 : Japan Weather Association カテゴリ : 天気 © 日本気象協会

Tagged with:
 

Comments are closed.