iPhoneには、Android端末などに備わる「戻る」操作専用のボタンはありません。アプリの終了や画面の移動といった操作は、ホームボタンを押すことで実行できます。押す回数や長さによって機能が異なるので、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

1回押す:ホーム画面を表示する

iPhoneのスリープを解除する

01

 初期状態のiPhoneでは、操作の間隔が1分以上空くと端末がスリープモードに入ります。スリープを解除するには、本体の電源ボタン、またはホームボタンを押しましょう

アプリの使用中にホーム画面に戻る

02_03

アプリの操作中にホーム画面に戻りたいときは、ホームボタンを1回押せばOKです

1枚目のホーム画面に戻る

04_05

  iPhoneでは、アプリをタップ&ドラッグで移動させることでホーム画面を増やせます。左右のスワイプ操作でページを移動できますが、ホームボタンを押すと一瞬で1枚目のホーム画面に戻れます

2回押す:アプリの履歴を呼び出す

アプリを切り替える

06

 ホームボタンを押して非表示にしたアプリは、ホームボタンを2回連続で押すと呼び出せます。使いたいアプリのサムネイルをタップで選択しましょう

長押しする:Siriを呼び出す

Siriを使う

07

 「Siri」はホームボタンを押し続けると起動します。起動音が鳴ったあと、iPhoneに向かって話しかけてみましょう

 さらにiPhoneを使いこなしたい人におすすめしたい一冊が「iPhone 5s/5c 完全活用術」。docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の3キャリア別に用意していますので、自分のiPhoneに合わせて選んでください。巻末には『すぐにできる! 設定変更ガイド』を掲載。初心者が迷いがちな設定項目が、すべてまとめてわかります!!

iPhone 5s/5c 完全活用術 docomo版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 au版(Amazon)

iPhone 5s/5c 完全活用術 SoftBank版(Amazon)

Tagged with:
 

Comments are closed.