(文:外村克也/タトラエディット

元アップルのジャン・マリー・ヒュロットほか4名が立ち上げた写真メインの百科事典「Fotopedia」。

世界中から特徴のある風景や、食べ物、人々などの写真が、短い解説とともに集まっている。日本ではまだなじみの薄いサービスなので、コンテンツのほとんどは英語などの海外言語による投稿となっているが、写真がメインなので眺めているだけでも意外と楽しめる。インターフェースの部分については日本語にローカライズされているので、操作に悩むことはないだろう。

アプリからFotopediaに記事をアップすることも可能なので、自分の身近にある風景やモノなどを公開してみては?

 

 

アプリ起動してしばらく待つと、ウェブサービスへの接続が始まる。完了後「探索」から、投稿された最新の写真を見られる

 

画面上部から「特集」「人気」「新着」を選択。「人気」はカテゴリ別に整理され、好みのジャンルの画像を探しやすいようになっている

 

サムネールをタップすると、画面いっぱいに写真が表示される。下側に表示されているのは、撮影したユーザーが写真といっしょに投稿したコメント。ほとんどの写真が海外の言語となっている

 

画面右上4番目のアイコンをタップすると、サムネール表示がパネルからリスト形式に切り替わる。評価やコメントの数などから人気の写真を見つけることができる

 

Fotopedia Reporter 1.0.1
無料
販売業者 : Fotonauts Inc
カテゴリ : ソーシャルネットワーキング
© 2013, Fotonauts Inc.

Comments are closed.