(文:外村克也/タトラエディット

iTranslateは、日本語から英語やドイツ語といった主要36か国語への翻訳が可能なアプリ。

翻訳元と翻訳先の言語を決めてiPadに向かってしゃべることで、目的の言語に翻訳してくれる。音声の再生も可能なので、困ったときの頼みの綱として活躍してくれるはずだ。

指定した言語の相互翻訳できるなどコミュニケーションツールとして利用されることも想定されている。画面下部に表示されている国旗シンボルをタップして相手にしゃべってもらうことで、翻訳される仕組みだ。

翻訳内容は画面に表示される。道順などを聞いたときに翻訳内容をスクリーンショットに撮影しておけば、忘れることなく目的地にたどり着けるだろう。

アプリに向かってしゃべることで自分の発音が正しいかをチェックしたり、ヒアリングしたりなどの学習ツールとしても活用できる。

 

 

メイン画面。画面上部に国旗が表示されている。左側が翻訳元の言語、左側が翻訳先の言語となる(図の場合は、日本語を英語となる)。入力方法は、画面上部の入力エリアをタップして、キーボード入力するか、マイクをタップし音声での入力かを選べる

 

入力エリアをタップするとキーボードが画面下半分に表示され、上部に翻訳エリアが表示される。翻訳したい内容を入力し、画面中央のボタンをタップすると、翻訳された言語が画面右側に表示される。画面のスピーカーをタップすると翻訳後の内容を音声でも聞くことができるのでとても便利だ

 

翻訳元・翻訳先の言語の変更方法は非常に簡単だ。国旗をタップすると、翻訳可能な言語の一覧がリストで表示される。一覧の中から対象の言語を選択するだけで設定は完了。同じ内容をさまざまな言語に翻訳したいときなどにスムーズに操作できる

 

スピーカーと「音声」を順にタップすると、音声の種類を選択できる。英語であれば米国人の男性/女性、英国人の男性/女性などから選べる。同じ言語でも国によって若干異なる場合に役立ちそうだ

 

iTranslate – iPad無料翻訳家 2.4.1
無料
販売業者 : Sonico GmbH
カテゴリ : 辞書/辞典/その他
© Sonico GmbH

Comments are closed.