(文:千木良敦子)

天気予報を信じて傘を持たずに外出して雨に降られた……。という経験は誰もがしているはず。

これからはこのアプリをチェックして、そんな失敗を防ぎましょう。アプリを立ち上げたら、画面左下のアイコンをタップして現在地を表示。地図の上に雨雲がかかっていたり、接近しているようだったら傘をお忘れなく。地図の拡大・縮小は画面の「+」「-」ボタンをタップすればOK。

天気予報の表示やよく行く場所の登録もできるので、活用してくださいね。

 

 

画面の真ん中に現在地が表示されます。雨雲はリアルタイム表示ではなく10分ほど前のデータになるので、画面上部のデータ更新時刻を確認することもお忘れなく

 

会社や自宅など現在地以外の場所を登録することもできます。画面上のボックスで住所検索してその場所を地図に表示させたら左上のアイコンをタップしてから保存すればOKです

 

山のアイコンをタップするとこちらの画面に。「日本百名山」の雨雲の様子や天気が確認できるので、リストアップされた山の中からお好みを選んでタップ。山好きの人はチェックを

 

地図画面右下にある「設定」アイコンをタップすると地図上に表示される雨雲の透明度を自分好みに変えられます。ただ、あまり濃くしすぎると地名が見にくくなることも

 

雨かしら?[お天気地図] 1.1.0
無料
販売業者 : keiji matsumoto
カテゴリ : 天気
© keiji matsumoto

Tagged with:
 

Comments are closed.