(文:外村克也/タトラエディット

みんなで作る百科事典サービスの「ウィキペディア」は、眺めているだけでもとてもおもしろい。普段気にとめることがなかったようなことわざや、田舎のしきたりなどについて知識をより深めることができるからだ。

そんなウィキペディアを読みやすくするのが「Wikipanion」だ。読みやすいといっても、文字が大きくなるとかそういったレベルではない。同種のカテゴリーを手早く参照できたり、オフライン環境でも読めるようキャッシュが付くなど先鋭的な機能を満載し、ウィキペディアを読む際に便利なアプリに仕上がっている。それが長年、ウィキペディアアプリの定番的地位を維持している理由だ。

中でもカテゴリー参照機能は、かなり使いやすい。読んでいる記事に関連するカテゴリーをタップすると、同種の記事が一覧表示される。ひとつの記事を読むよりも、関連する記事を合わせて見ておいた方が理解を深められるはずだ。iPadを買ったらまず入れておきたい、鉄板のアプリといえる。

 

 

右上の検索ボックスから記事を探して表示させたところ。画面左には履歴が表示される

 

画面左を「Contents」に切り替えた。各項目の見出しが目次代わりに表示される。読みたい項目をタップするとジャンプするので、サクサク読める

 

「Related」モード。カテゴリーをタップすると、該当項目の一覧が画面右側に表示される。ここから関連の記事を探して読める

 

文字サイズも変更可能。これはもっとも大きくした状態。「明朝体」はアルファベットのみ変更される

 

iPad用のWikipanionアプリ 1.7.6a
無料
販売業者 : Robert Chin
カテゴリ : 辞書/辞典/その他

Comments are closed.