ケータイとスマートフォン、あるいはタブレットとスマートフォン、さらにはスマートフォンとスマートフォンといった感じに、利便性やこだわりでモバイル端末を2台持ちしたいと考えているユーザーは多いだろう。

 しかし、毎月の基本料金やデータ通信料が発生する端末で2台持ちをするとトータルコストは結構な金額になるはず。どんな組み合わせで2台持ちするのが最適で、そして実際のコストはどれくらいになるのか。今回は3つのパターンを考えてみた。

今もっとも注目される? 組み合わせ
タブレット+スマートフォン

 第3世代iPadも登場し、タブレットを持ち運びたいという人は多くなったはず。しかしタブレットはスマートフォンや携帯電話の完全な代用はとても不可能。そこでタブレットと通話用のスマートフォンとの組み合わせで「2台持ち」を考えるのは自然の流れだ。

Wi-Fi版のタブレット+テザリング機能付きスマートフォンは結構定番的な組み合わせではないだろか

 Androidタブレットにはワンセグや防水、おサイフケータイなどの機能が搭載されていることもあるが、2台持ちの場合はタブレット側でそのような機能は意識する必要はないだろう。通話用端末のほうにそれらの機能があればいいからだ。タブレットはブラウザやアプリを使うための端末と考える。

 一方の通話用端末は通話以外に、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に防水、さらにはテザリング機能、そしてこれらの機能を使ってもバッテリー面で安心のスタミナが必要と言えそうだ。

 そこで今回考えたのが

●第3世代iPad Wi-Fi版

●NTTドコモ「MEDIAS PP N-01D」

の組み合わせ。毎月のコストは以下の通りだ。

  第3世代iPad Wi-Fi 16GBモデル ドコモ「MEDIAS PP N-01D」
端末代金(実質価格) 4万2800円 2万2680円
基本使用料 0円 タイプSSバリュー(月980円)※
ISP料金 0円 spモード(月315円)
パケット定額 0円 パケ・ホーダイ フラット(月8190円)
月額料金 0円 9485円
2年分のトータルコスト 約29万円
その他   ※ファミ割MAX50などを適用

 Wi-Fi版のiPadなので通信費などがまったく発生しない。これはかなり大きい。Wi-Fiが使えない場所で通信をしたいときはMEDIAS PPのテザリングを使う。

 このMEDIAS PPだが、前述の国内ユーザー向け機能を網羅し、FOMAでのテザリングに対応している。ただし、テザリングを使うとパケットの上限が8190円にアップする。それでも2730円の増加で済むので、パケット通信が可能な4G版iPadを買うよりも毎月の通信費は抑えられる(iPadのパケット定額は月4410円)。

 そしてN-01Dの大きなメリットは1700mAhの大容量バッテリーを搭載し、たとえばワンセグの連続視聴時間なら約380分と非常に長い。XiやWiMAXの高速データ通信に対応したモデルも候補としては挙げられるが、3GのみのMEDIAS PPの方がバッテリーの持ちはいいため今回ピックアップした。

データ通信も音声通話にもこだわりたい人にオススメ
WiMAXスマホ+3Gルーター付きPHS

 XiにWiMAX、ULTRA SPEEDと高速データ通信対応の端末が増加しているが、高速データ通信のエリアはいまだに「どこでも使える」というほどではない。どのサービスもエリアの状況はバラバラだ。であれば別サービスの高速データ通信対応の端末を2台持つ、というのも今の時期はいいのではないだろうか。もちろんスマホとルーターとの組み合わせも考えられるが、以下の組み合わせは効果的だ。

●au「HTC J ISW13HT」

●ウィルコム「PORTUS WX02S」

 PORTUSはPHSの音声端末でありながら、同時に下り最大42MbpsのソフトバンクのULTRA SPEEDにも対応し、ルーターとしての機能も持っている。

高速データ通信対応端末2台での組み合わせを考えてみた

 コストは以下の通り。

  au「HTC J ISW13HT」 ウィルコム「PORTUS WX02S」
端末代金(実質価格) 2万2680円 1万2000円
基本使用料 プランZシンプル(月980円)※ ウィルコムプランW(月3880円)※+だれとでも定額(月980円)
ISP料金 IS net(月315円)++WiMAX(月525円) 0円
パケット定額 ISフラット(月5460円) 0円
月額料金 7280円 4860円
2年分のトータルコスト 約33万円
その他 ※誰でも割を適用。auスマートバリューは適用していない ※ウィルコムプランWは3年契約。契約解除手数料は9975円

 高速データ通信の中でも、Xiは「Xiカケ・ホーダイ」があり、ドコモ宛通話は24時間定額になるが、それ以外の通話は21円/30秒と高額で、音声通話を重視するユーザーには1つの壁となっている(ドコモ宛以外にはSkypeなどを使う手もあるが……)。

 その点、auには1~21時までのau宛通話が定額になる「プランZシンプル」と、無料通話分が付いて、30秒あたりの通話料も安価になる通常のプランとの行き来が自由だ。さらに指定した3件までのauケータイへの通話が24時間無料になる「指定通話定額」(月390円)も利用できる。

 これに加えて、ウィルコムの「だれとでも定額」は、1回10分まで、月500回までという範囲内で話し放題が可能。通話をPORTUSに任せて通話代を安く抑えられ、さらにソフトバンクの高速データ通信も使える。高速データ通信はもちろん、音声通話でも最強に近い組み合わせになりそうだ。

 スマホにauのHTC Jを選んだのにももちろん理由があり、海外メーカー製ながら国内ユーザー向け機能に対応し、バッテリー容量も1810mAhと大きめ。WiMAXによるテザリングも可能だ。ちなみにPORTUSも1700mAhというスマートフォン並のバッテリー容量なので、音声通話の待受時間はなんと約1200時間。充電を忘れてしまっても、最悪音声通話が使える状態だけはキープできる可能性が高いのも大きい。

スマホの最先端ユーザーなら両方持つでしょ
iPhone+Androidの組み合わせ

 同じスマートフォンでもiPhoneとAndroidでは機能面で違いが多い。最新のスマホ状況をチェックしたいというなら、思い切って両方のスマホを持つ、というのはどうだろうか。

 まずiPhoneはソフトバンク版とau版があるが、現在は機能面で大きな差がなくなっているので、好きな方を選べばいいだろう。今回はとりあえずソフトバンク版で料金などを計算している。

現状高速データ通信&テザリング非対応のiPhoneと、その両方に対応したAndroidスマホとの組み合わせは最強とも言える

 問題はAndorid側は何を組み合わせるか。iPhoneにはワンセグやおサイフケータイなどはないのでこれらの機能は欲しい。さらに現状のiPhoneはXiやWiMAXといった高速データ通信やテザリングにも対応していない。高速データ通信とテザリングに対応したAndroid端末であれば、iPhoneからも無線LAN経由でその回線を活用できる。

 さらにAndroid側でも最新のサービスやアプリを楽しみたいので、今後主流になるAndoird 4.0をすでに搭載しているか、バージョンアップの予定がある機種が良い。

 そこで考えたのは以下の組み合わせだ。

●ソフトバンクモバイル「iPhone 4S」

●NTTドコモ「ARROWS X LTE F-05D」

 毎月のコストは以下の通り。

  ソフトバンク「iPhone 4S 16GB」 ドコモ「ARROWS X LTE F-05D」
端末代金(実質価格) 0円 1万5120円
基本使用料 ホワイトプラン(i)(月980円) タイプXiにねん(月780円)
ISP料金 S!ベーシックパック(i)(月315円) spモード(月315円)
パケット定額 パケットし放題フラット(月4410円) Xiパケ・ホーダイ フラット(月4935円→5985円)※
月額料金 5705円 6030→7080円
2年分のトータルコスト 約32万円
その他 ※バリュープログラム(i)適用 ※Xiスタートキャンペーン2が適用されるため、9月30日までは月4935円。表では5か月分適用した。

 ARROWS XはXi対応でテザリングも可能。ワンセグ/おサイフケータイ/防水などの機能が用意されている。現在のOSはAndroid 2.3だが、すでに4.0へのバージョンアップがアナウンスされている。実はほぼ同じ状況の端末として「MEDIAS LTE N-04D」もあるが、サイズを比べると、


●ARROWS X:129×64×9.8mm/124g
●MEDIAS LTE:131×67×10.9mm/149g

と差がある。スマホを2台持ち歩くことも考えて、小さく軽いほうを選択した。

高額になってしまう毎月の負担
だからこそ確実に役立つ組み合わせを考えたい

 スマホの2台持ちでデータ通信を上限まで利用すると、料金面ではかなりの負担となる。料金を抑えたいというユーザーは全部入りの1台で抑えるのがベターだろう。

 しかし2台持ちだと料金面以外でメリットが得られるのも確か。料金が高くなるだけにこれらメリットを最大限生かせるように組み合わせたい。夏モデルの発表・発売も控えている。互いを最大限に生かせる2台持ちを研究してみてはいかがだろう。

Tagged with:
 

Comments are closed.