第1回レビューの外観やRetinaディスプレー、バッテリーなどのチェックを行なった。第2回レビューでは、iPad 2のアウトカメラから大幅に進化した500万画素の「iSightカメラ」や、1080pに対応したそのビデオ撮影性能を中心に見ていこう。

 また、写真管理/簡易編集アプリ「iPhoto」の新バージョン、新作ゲームなども使って新iPadを検証していくので、気になるアプリは即座にインストールしてもらいたい。

500万画素の「iSightカメラ」を搭載したおかげで、コンパクトデジタルカメラがなくてもOKとなった……だが、デカイから目立つ!!

掲載した写真についての注意

 今回掲載した画像のうち、新「iPad」で撮影した写真については、縮小せずにそのまま利用している(ただし、PNG形式からJPEG形式に変換)。このため、サムネイル画像をクリックすると、解像度2592×1936ドットの画像が表示されるため、閲覧の際には注意してほしい。

iSightさんの写りは上々
構える姿はちょっと恥ずかしい……

 500万画素の「iSightカメラ」は、第1回レビューにも紹介した通り、iPhone 4と同じユニットを採用している。だからといってまったく同じではなく、OS側の制御からか、だいぶ出色が異なっており、別モノとして考えたほうがいいだろう。

LEDフラッシュはないが、iPhone 4と同ユニットを搭載。500万画素、F2.4で多少暗いところも平気になった

 先に書いておくと、iPhone 4で散々文句を言われた「青カビ」問題と再び相まみえることになる。白、もしくは白に近い背景でないと気が付かないが、写真中央部にふんわりと青いもやが生じてしまう。ただし、iPhone 4に比べだいぶおとなしくなっており、その処理のためか絵作りに違いが生まれていると思われる(買ってから気が付いたので、アップルは、こういった点は事前に告知したほうがいいのではないかと思った)。

左が新iPad、右がiPhone 4。中央のマゼンダ被りが復活!! OS側で目立たなくなるように処理されている模様だが、サムネイルにすると存在がよく分かってしまう

 新iPadのレンズはF2.4と明るく、裏面照射型CMOSセンサーを搭載している。iPhone 4Sほどではないが暗所にもそこそこ強く、LEDフラッシュがなくても室内撮影もこなしてくれるので、メモ撮影などにも活躍してくれるだろう。

 なお、iPhone 4Sと同スペックに見えてしまうが、iPhone 4Sはソニーの裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用しており、画素素は800万画素と異なっているので、注意してもらいたい。この辺の比較は次回行う。

 画素数がアップしたことで、SNSや写真共有サイトにキレイな写真をアップできるし、Retinaディスプレーで確認しながらの撮影も分かりやすいメリットがある。1枚あたりの写真ファイルサイズは、1.1〜1.5MBが多く、写真の解像度は2592×1936ドット。Retinaディスプレーだともう少しで等倍になる。

Retinaディスプレーの解像度は2048×1536ドット、カメラの撮影データは2592×1936ドット。ほぼ等倍で見ている状態での撮影になる。プレビューのフレームレートは低めに設定されており、おそらく15fps前後

 カメラ機能としては、同じiOSデバイスのiPhoneとほぼ共通している。オートフォーカスはもちろんとして、タップフォーカス、長押しによるAE/AFロック(インカメラのときはAEロックのみ)、顔検出(静止画のみ)が使える。

 また、オプションはグリッドのみで、HDRは用意されていない。iPhone 4と同等のユニットならばあっていいもはずだが、おそらく、処理時間を優先して採用を見送ったのではないかと思われる。

 ビデオカメラとしての性能は、1080p、最大30fpsに対応。またビデオ時のみ、手ぶれ補正が有効になるため、iPhoneと比べるとごつい新iPadでも安心というわけだ。ただしカメラとしてはサイズがデカイため、構えるととても目立つ点だけがネックだろうか。それに何を撮影しているか、周辺の人からよく分かってしまうのも、ちょっと恥ずかしい。

今回と次回でモデルとして活躍してもらった黒井あずさこと、あずにゃん。最近、レイヤー兼カメコになったそうなので、新iPadを構えてもらったが……やはり女の子が構えても怪しい

ストレートなようでいて、
実は独特な絵作りのiSightさん

 晴天下、何気ない風景を新iPadで撮影しているぶんには、ストレートでいい絵作りだと感じた。周辺の歪みはしかたがないにしても、iPad 2のようにメモレベルではなく、実用的なレベルになっている(自動的に周辺の歪みを補正するアプリが出てきてもいいころだと思う)。

 ということで、以下ではいろいろな状況下で撮影した写真を掲載して確認していく。気になるのは暖色系で、マゼンタ被りをごまかす処理のためか、派手になりがち。人物写真の場合は特に独特な雰囲気になる。肌がより肌々しい感じとでもいおうか。とりわけ太陽光下で順光のときにそうなりやすく、がっつり撮りたい系の人は意識が必要になるだろう。

 またその特性からか、白熱灯を使用していない店舗内、たとえば自然光重視型店舗や蛍光灯が少なめの店舗の場合、ご飯やスイーツが映える絵を撮りやすい。先に書いてしまえば「遊べるクセ」なので、下記の写真群を参考にしたり、実際に撮影したりして、クセを把握してみよう。

マクロ性能を先にチェックしていこう。およそ8〜10cmでフォーカスが合いやすい。右が撮影してみたもの。ほどよくボケるため、雰囲気が出ていい感じ

天気がいいときの空の色はどうだろう? 撮影してみたところ、ほどよく嘘っぽい青空になった。またビルの傾きから歪み具合が分かるだろう ほぼ逆光時での撮影データ。グリッドがあっても意外と水平が取れていないことが多い。このあたりは慣れしかないだろうか

暖色が強くなりがちな点は、グレーの被写体を撮影すると分かりやすい。写真は俺らのアキヨドを、3月27日16時35分に撮影したもの。光線はまだ赤みを帯びていない時間帯だが、微妙に赤っぽくなっている

ご飯/スイーツ撮りに定評のあるデバイスらしく、やはり優秀。暖色が強くなりがちな点が、逆にいいスパイスになっている。その顕著な例としては右の写真。焼き鳥がとてもおいしく見えるのだ……中央のわさびつくねは、わさびとの戦いであった……

人物撮影で「iSightカメラ」をチェックする

 次は人物を使ってiSightカメラをチェックしてみよう。デバイスとしては、人を撮ることも多いと考えられるため、気になるところ。また、上記の「暖色が強い」の影響がもっとも出やすいパターンでもある。ここでは、太陽光下で順光・逆光、日陰、店内の4パターンで撮影してみた。インカメラの「FaceTimeカメラ」も合わせてチェックしている。

晴天下の順光と逆光

順光で撮影したもの。ブラウンのパーカーと茶髪の部分はナチュラルだが、肌色がやや不自然になった。厳密には茶髪の部分もクセの影響を受けているが、いい感じになっている こちらは逆光時。顔認識してから露出が変更されたこともあって、やや白い。状況を自動認識しての補正としては優秀だし、発色も順光時より落ち着いている

インカメラもチェック。640×480ドットなのでそれなりの解像度だ。「FaceTimeカメラ」と呼称されるように、ビデオカメラとしての目的が強いため、順当なクオリティだろう

日陰

日陰の場合は、太陽光下とは大きく異なり、安定した発色になった。ホワイトのソックスが若干色被りしているが、その点以外は問題ない絵だ アングルを変えてみたもの。これはほとんど問題ないというか、歪みを補正すれば新iPadで撮影したものとは分かりにくい

気持ち逆光状態(プレビューでは完全逆光状態)で顔を認識するのか、テストしてみた。この状況下でもちゃんと顔を認識し、ある程度は顔が判別できる設定になった。なお、晴天下で逆光の場合は、ほとんど機能しない模様 FaceTimeカメラ(インカメラ)。補正がいい方向に機能して、とても美肌状態になった。このときは「暖色が強い」傾向もよく作用して、ただ白いだけの美肌になっていない。状況にもよるが、自分撮りをするなら、反射光が差し込む木陰や物陰がよさそうだ

店舗内

店舗によって蛍光灯か白熱灯か、間接光だけかと条件は多岐にわたるが、このテストでは白熱灯中心の店舗で行なった。よくコンパクトデジタルカメラである室内写真な感じになった。階調は残っているので、アプリで補正するのが無難だろう インカメラ。ノイズが増えて、ちょっと厳しい。動画の場合は気にならないレベルなのだが……

連続撮影時など、そのほかの注意点

 気になったのは、連続撮影の性能。下記の動画を見てもらうと分かるが、iPad 2のようにタップに合わせて軽快に連写とはいかない。ディスプレーの解像度と画素数向上が原因だが、遅めの5連写くらいが実用範囲になる。

新iPadの「カメラ」アプリを使って、撮影ボタンをほぼ一定速度でタップし続けた様子。2枚目まではタップに合わせてシャッターが切られているが、以降はだいぶもたついている

 このほか注意点は、デジタルズームは5倍まで可能だが、実際に利用するのは「iPad Smart Cover」などで固定したときに限ること(新iPadのサイズがデカイこともあり、ホールドが難しい)。また、絵が荒いため実用的とはいえない。許容範囲は、気持ち拡大したくらいだろうか。ズーム時の補完処理はほとんどなされていないようなので、デジタルズームを使用せず撮影し、別途アプリでトリミング、軽くシャープネスのほうがキレイになる。ワンクッション挟むことになるが、SNS/写真共有サイトに投稿する場合などは、そういった処理を検討するといい。

動画性能は上々
周辺の歪みがちょっと気になる程度

 ビデオ撮影機能は、1080p対応に加えて手ぶれ補正をサポートしており、微妙に重い新iPadでも安定した動画撮影が行なえる。また、フレームレートは30fpsだ。幸いiOSデバイスにはカメラ/ビデオアプリは豊富なので、本格的にとまではいかないが、ひと手間加えた映像遊びが楽しめるので問題ないだろう。映像自体はとても鮮明で、Retinaディスプレー越しに見ても不満はなかった。

 ゆっくりとしたフレームワークには当然強く、手ぶれが生じそうな環境でもブレは最小限に抑えられていた。逆に水平方向の動体時には、コマ飛びした感じになりやすい。動画中のオートフォーカスはスムーズで、掲載した動画のように水平移動した物体が手前に迫る状況でもしっかりと追従している。

 また、タップフォーカスと長押しによるAE/AFロックにも対応。手ブレ機能で回避しにくいブレが生じしてしまうが、サードパーティー製のマウンターがあれば、意図的なフォーカスワークもやりやすそうだ。

 視界深度はやや低めだが、マクロ撮影時のように寄れば、印象的な絵作りが可能だ。マクロ撮影時は、新iPadの背面の銀色がほどよく光を回すレフ板代わりになるため、意外とキレイな動画を残せるのもうれしい。

スチルカメラとして撮影する際の画角はこんな感じ。次の動画と見比べてみよう
上の写真と同位置からビデオに切り替えて録画したもの。だいぶクロップされて、撮影できる範囲が変わってしまった。なお、あずにゃんが「実はニコニコ動画に踊ってみたを投稿したことあるんですよ!」といったので、ニチアサ的なダンスをお願いしてみた
すっかり運動をサボっている筆者による水平移動アクションを撮影した。ジャブのときはフレームレート不足、フックあとの左ショートアッパーはほとんど記録されておらずといった具合。回し蹴りに失敗してカメラのほうに戻ってくるときの追従具合も確認してもらいたい(にしても、脚動いてないなぁ……)
手ぶれチェックとして、新iPad「iSightカメラ」で車中からの風景を録画してみた。こういった撮影の場合、映像が微妙に揺れるものだが、そんなこともなくキレイに録画されていた。またローリングシャッターによる歪みも明確
最小焦点距離8cmくらいまで寄って撮影してみた。ここまで寄ると背景がボケるので、印象的な絵作りをしやすくなる

3Dゲームの画面クオリティーに期待
Retina非対応アプリでも文字が読みやすい

 新iPadでは、クアッドコアGPUによって大幅に3D性能がアップした点もフィーチャーされるべき要素だ。しかし現時点では、3Dを駆使しつつ、iPad 2よりもキレイだと感じられるタイトルは少ない。新iPadと同時にリリースされた「Infinity Blade I」(600円)くらいなもので、何をどうこうというのは難しいのだが、下記のリサイズしていないスクリーンショットを見ると、下手なPCゲームと変わらないクオリティで描写されているのが分かる。もちろん、フレームレートが落ちることもなかった。

バシバシ斬っている画面にしようかと思ったのだが、キャプチャーをするとだいぶもたつくので諦めた。そのため、デモシーンを撮影したのだが、それでもグラフィックのキレイさが分かるはずだ。PC用ディスプレーで閲覧する場合は、50%くらいに縮小してチェックすると、新iPadで見ている状態に近くなる

 3D以外の対応アプリも文字やアイコンが視認しやすくなっている。特に文字が見やすく、目が疲れにくい。また高解像度の写真を見られるアプリも、その恩恵にあやかっているといってもいい。国立文化財機構の公式iOSアプリ「e国宝」(無料)をさっさとインストールしたご満悦してもらいたいほどだ。

国立文化財機構の公式iOSアプリ「e国宝」。東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館の4館が所蔵する約1000点の国宝と重要文化財の高解像度写真を収録。しかも、その詳細な解説を読めるナイスなアプリ。インストールせよ

残念ながらiPad非対応だが、それでも愛用者が多いらしい2chブラウザー「BB2C」(無料)の等倍表示 こちらはBB2Cの2倍表示。iPad 2では文字を読むのが厳しかったが、新iPadは補正が有効になるようで、かなり読みやすくなっている
Infinity Blade II App
価格 600円 作者 Chair Entertainment
バージョン 1.1.1 ファイル容量 930MB
カテゴリー ゲーム ユーザーの評価 (4)
対応デバイス iPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OS iOS 4.0以降
e国宝 App
価格 無料 作者 国立文化財機構
バージョン 2.0 ファイル容量 36.3MB
カテゴリー 教育 ユーザーの評価 (4.5)
対応デバイス 全機種 対応OS iOS 4.2以降
BB2C App
価格 無料 作者 INFOCITY
バージョン 1.3.31 ファイル容量 4.2MB
カテゴリー エンターテインメント ユーザーの評価 (3.5)
対応デバイス 全機種 対応OS iOS 3.1.2以降

写真管理/簡易編集アプリ「iPhoto」は
Retinaディスプレーがよく似合う

 新iPadの発表に合わせて、アップルからリリースが開始された写真管理/簡易編集アプリ「iPhoto」(450円)。新iPadの最大の魅力であるRetinaディスプレーを活かせるアプリの代表といってもいい。

 第1回レビューでも記述したように、個体差かパネルメーカーの違いなのか、原因不明の発色傾向のバラツキがあるにしても、新iPadはsRGBの色域をほぼカバーしている。このため、写真を表示させる際の条件などを意識せずに色味を変えられる点が大きく、細かい点抜きに写真を楽しくいじれてしまう。その回答のひとつとしてあるのがiPhotoだ。

 PC用など写真編集ツールと比較すると、レイヤー機能がない点が大きく違う。機能としては明るさ調整やホワイトバランス、タップによる彩度変更や赤目補正、もちろんトリミング機能も備えている。フィルターには写真アプリによくあるレトロ調のものが多いが、ピンチなどで効果度合いを変更できるため、より直感的に画像加工を楽しめる。「Adobe Photoshop Touch」(850円)に慣れている人の場合、やや機能不足に感じるだろうが、ステップアップとして写真加工を試してみたいなら、iPhotoは十分すぎる性能を備えている(そういえば、Adobe Photoshop TouchのRetina対応はまだだろうか?)。実際に流れで確認してみよう。

カメラロールから写真を選ぶ。左にサムネイルでタップすると、右に大きく表示される。カメラロールの列数は変更可能だ クロップと回転のUIはとても優れている。三分割に加えて、さらに三分割されているため、構図の確認がしやすい。また、画面下のダイヤルで角度も同時に調整でき、この点はPhotoshop Touch以上に扱いやすい

カラーバランスは、各種スライダーを調整するだけでもいいが、WBからはカスタムホワイトバランスが選べる。写真のようにルーペが表示され、選択している色をベースに色を決めてくれる タッチして部分的に補正できる。iPhotoのもっとも楽しい部分といってもいいだろう。画面を拡大して、微妙な調整もできるのもナイス

エフェクトは同時に複数をかけられないものの、オーソドックスな構成を採用している。タップで切り替え、ピンチなどで効果度合いを変更できる点が便利でいい
iPhoto App
価格 450円 作者 Apple
バージョン 1.0.1 ファイル容量 112.6MB
カテゴリー 写真/ビデオ ユーザーの評価 (4)
対応デバイス iPhone 4以降、iPad 2以降 対応OS iOS 5.1以降
Adobe Photoshop Touch App
価格 850円 作者 Adobe Systems
バージョン 1.1.0 ファイル容量 50.2MB
カテゴリー 写真/ビデオ ユーザーの評価 (3.5)
対応デバイス iPad 2以降 対応OS iOS 5.0以降

筆者紹介――林 佑樹

 フリーランスの編集・ライター、ときどきフォトグラファー。PCからスマホ、家電、生活雑貨、ゲームなど、よく分からないけど、いろいろやれる体になった。なんだかんだで、iPadレビューは3年連続。

 新iPadをゲットしたら、真っ先にインストールしてほしいアプリは「e国宝」。ステキな時間泥棒アプリだ。

新iPadのスペック
Wi-Fiモデル Wi-Fi+4Gモデル
ディスプレー
(解像度)
9.7型IPS液晶(2048×1536ドット/264ppi)
Retinaディスプレー/マルチタッチ/LEDバックライト/耐指紋性撥油コーティング
CPU Apple A5X(1GHz)
グラフィックス機能 PowerVR SGX543MP4
メモリー 1GB
ストレージ
サイズ
16/32/64GB
LTE 4G LTE(700MHz、2.1GHz)、米国とカナダのみ
3G通信 UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA、GSM/EDGE
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
カメラ機能 前面:iSightカメラ/5メガピクセル(1080p HD)
背面:FaceTimeカメラ/VGA画質の静止画とビデオ(最大30fps)
センサー 加速度センサー/環境光センサー/ジャイロスコープ
位置情報 Wi-Fi/デジタルコンパス Wi-Fi/デジタルコンパス/Assisted GPS/携帯電話通信
バッテリー
駆動時間
無線LAN
利用時
最大10時間
3G回線
利用時
最大9時間
本体サイズ 幅185.7×厚さ9.4×高さ241.2mm
重量 652g 662g

 

Comments are closed.